【パリモーターショー2016】レクサス、近未来的なコンパクト・クロスオーバー「UX コンセプト」をパリで公開
Related Gallery:Lexus UX Concept: Paris 2016
Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016Lexus UX Concept: Paris 2016

9月29日に開幕したパリモーターショーで、レクサスの「UX Concept」が公開された。我々は"ユークス"と呼んでいるので、皆さんもこの呼び方でどうぞ。それにしても、これは本当に奇妙なコンセプトカーだ。タイヤとスポークの一体感を演出したというホイールから、エクステリアとインテリアが強い相乗効果を生み出すという「インサイド・アウトコンセプト」まで、特に後者のデザイン性は『さようなら、いままで魚をありがとう』に登場する「正気のウォンコ」が住む家を彷彿させる。

このデザインを担当したのはフランスのニースに拠点を置くED2(EDスクエア:正式名称は「トヨタ・ヨーロッパ・デザイン・ディベロップメント」)。UXが持つデザインの特徴を語るのは非常に難しい。鋭く、角張ったエクステリアは、境目もなくキャビンとつながり、中と外を融合させている。しかし、ボディのシャープなエッジよりも、もっと興味深いのは、全体的なフォルムだ。これはコンパクト・クロスオーバー以外の何物でもない。とはいえ、典型的な2ボックスのクロスオーバーよりも、車高を上げたステーションワゴンに近い。



リア・ハッチは鋭く角度をつけたCピラーと融合しているようであり、長く伸びたボンネットは同じCセグメントに属する他の多くのクルマよりもスポーティな印象を与えている。にもかかわらず、そのスポーティな印象を強めすぎないようにする工夫もみられる。例えば、ボンネットよりも高く膨らみのあるフロントフェンダーとコントラストを生み出している、四角くてオフロード車のようなホイールアーチだ。これをシルバーに塗り分けたことによって、ボディの美しいアメジストカラーとの対比が、このクルマの外観に更なる魅力を与えている。レクサスによると、ホイールアーチやミラー、ルーフレールなどシルバーを用いた同じ素材感のアクセントが、キャビンの内側との「一体感や連続性」を表現しているということだ。



しかし、タイヤ&ホイールのビジュアルは、見る者に非常に奇抜な印象を与える。21インチのホイールはタイヤ本体にまで及ぶ。タイヤのサイドウォールはレーザーで彫り込まれ、「スポークとの一体感を演出した構造」になっているそうだ。こうしたディティールは、数年前に出現したエアレスタイヤを連想させる。



インテリアには、同じパリで公開された「Kinetic Seat Concept」と呼ばれる新構造を応用したようなフロント・シートと、それとはまったく異なる素材を用いたリア・シートで構成されている。ちなみに、このクルマの名称「UX」は技術的な用語で、「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」という意味だ。このネーミングから想像される通り、レクサスは「飛躍的なドライビング体験」を我々に与えてくれるという。左右の電子ミラーが映し出すスクリーンより低い位置に設置されたダッシュボードは、座席から奥行きのある作り。3つのディスプレイには各種情報がホログラムによって3次元で映し出され、魅力的な室内空間を演出する。今回レクサスがUXに採用した"インサイド・アウトコンセプト"のスタイリングの中で、我々はこのダッシュボードのデザインを最も評価している。





UX Conceptが担うレクサス・ブランドの将来的な役割については今のところ不明だ。「コンパクトクロスオーバーの将来像」とレクサスは語っているが、今回のコンセプト・モデルに採用された多様で革新的なデザインを未来のたった1台に注ぎ込むのは難しい。ただ確実なのは、UXが将来のレクサス車に大きな影響を与えるのは間違いないということだ。



By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー